2014年5月22日木曜日

CentOS上でJSHint + Gruntを使ってJavaScriptの文法チェック

grunt_jshint前の記事はMac向け。今回はCentOS向け。実行するコマンドが少し違う。

環境: CentOS 6.5 x64, node.js v0.10.28

node.jsのインストールは省略。こちらの記事を参考に。

nodejsプロジェクトに移動して、JSHintとGruntをインストール。
# su - node
$ cd /home/httpd/project/api/
$ npm install jshint -g
$ npm install grunt-cli -g

Grunt本体とプラグインをインストール。
$ npm install grunt --save-dev
$ npm install grunt-contrib-jshint --save-dev
$ npm install grunt-contrib-watch --save-dev

「save-dev」オプションは開発用モジュールをインストールするときにpackage.jsonの「devDependencies」に自動で追加してくれる。

devDependenciesのモジュールをアップデートするときは下記コマンド。
$ npm update -d

 

grunt設定ファイルを作成。
$ vi Gruntfile.js

Gistで公開しているのを参考に。

module.exports = function(grunt){
    var files = [];

    // Load plugins
    grunt.loadNpmTasks("grunt-contrib-jshint");
    grunt.loadNpmTasks("grunt-contrib-watch");

    // Watch Files
    files.push('app.js');
    files.push('config.js');
    files.push('lib/**/*.js');
    files.push('routes/**/*.js');

    grunt.initConfig({
        options: {
            livereload: true,
        },
        jshint: {
            all: files,
            options: {
                unused: true,
                node: true,
                newcap: false
            }
        },
        watch: {
            jshint: {
                files: files,
                tasks: ["jshint:all"]
            }
        }
    });
};

 

試してみる。
$ grunt jshint:all

監視開始
$ grunt watch:jshint

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives