2008年4月9日水曜日

BigTableにアクセスできる「App Engine」のプレビュー版公開

昨日BigTableに関して書きましたが、なんとGoogleからApp Engineというサービスのプレビュー版が公開されました。記事

これは、Googleのリソースを使ってwebアプリケーション(サービス)を開発、公開することができます。今はプレビュー版なのでGoogleのサーバでサービスを公開できるのは先着1万名までらしいです。

記事を読んで早速登録しましたが、どうやら1万名の中に入れなかったみたいです。ただ登録だけしとけば、利用できるようになった時点でGoogleからメールが送られてくるようです。

App Engineについてはここを読めばなんとなく理解できそう。

特徴は

  • ストレージの上限500M
  • CPUは一日あたり2億MHz
  • 転送量は一日(双方向で)10GB
  • 制限を超えなければ無料で利用可能
  • 今のところ開発言語はPythonのみ(今後増える予定)
  • Googleのサーバに配置できないけど、SDKを利用すればローカルで開発と動作検証はできる

実際に作られたアプリケーションを触ってみましたが、Googleアカウントで必ずログインしないと駄目みたい(?)。誰でもアクセスできるようにはできないのかな?

まだ謎がいっぱいですが、暇があったら試してみよう。

PHPに早く対応してほしい・・・

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives