2009年2月3日火曜日

WPFを使った開発のためのメモ

.NET Framework3.0になって新しく登場したWPF(Windows Presentation Foundation)。概要はWikipediaで。

もちろんクライアントに.NET Framework3.0をインストールしないと動かない。

だからWindows XP以上が必要。

Webブラウザ上でホストされて実行するWPFアプリケーションをXBAPと呼ぶらしいが、これもクライアントに.NET Framework 3.0が必要。

この影響でWPFのアプリケーションが増えてくるのはWindows 2000の延長サポートが切れる2010年以降になりそうな予感。Windows 2000のサポート期間

WPFについて勉強する場合は@ITの記事を参考に。

簡単なサンプルコードはMSDNで。

WPF+ClickOnceのデモもみつけた。

.NET Framework 2.0 + Visual Studio2005では、DataGridViewを使った表のレイアウトなど悩まされたが、WPFを使えばすんなり思ったようなレイアウトができそう。・・・まだ試してないけど。

来年あたりどこかの開発でやってみよう。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives