2009年11月13日金曜日

iPhoneアプリでバーコードを読み取れる機能を考えてみる

iPhoneでバーコードを読み取るアプリはありますが、それを作ろうと思って調査。

ますiPhoneのカメラの制度は良くないらしく、普通に撮ってもうまく認識してくれないらしい。100円の虫眼鏡を使うとうまく撮れるみたい。この辺はGoogle先生に聞くといろいろ出てくる。

さて、iPhone/iPod touchのアプリでバーコードを読み取ろうとすると、画像を解析して黒と白の線の幅を取得しないといけない。

フリーのライブラリはあるけど、だいたいがGPLライセンスなのでiPhoneアプリでは使えない。(使った場合はアプリと一緒にソースコードを配布しないといけない。)

例えばzebraというオープンソースのライブラリがある。GPL。

実際にコンパイルしてObjective-cで使ってみた人のブログ

ライセンス的に大丈夫でいいライブラリはないものかと探してみたら、一番良さそうなのが「ZXing」というライブラリ。Google codeのプロジェクトページ

Apache License 2.0なのでリファレンスに著作権表示と免責事項を表示すればOK。詳しくはwikipediaで。

だけど、iPhoneはQRコードだけと書いてある。実際に「Barcodes」という無料のiPhoneアプリがこのライブラリを使っているみたい。

Androidの場合は手順がマニュアルに書いてあるので、あまり苦労せずに実現できそう。

やってみた人のブログ

Imagemagickを使って、画像解析からやるのはさすがに骨が折れそう。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives