2011年9月26日月曜日

Windows7からはcmd.exeの代わりにPowerShellを使った方がいいことに気付いた

Pythonの実行にcmd.exeを使っていたけど、使い勝手の悪さにキレそうになったので、Tab補完とかLinuxのKeybindとかWindow Sizeを変更できたりするcmd.exeのshellがないか探してみた。

環境はWindows 7 Home Premium 64bit 英語版

表題と逸れるけど下記Softを利用すれば実現できるみたい。

  • ckw ・・・cmd.exeのUIを拡張。Window最大化できたりとか。配布場所はこちらから。
  • NYAOS ・・・linux風のkeybind(tsch)を実現。

これで解決!・・・と思ったけど、「PowerShellでもいいんじゃね?」と思い付いてしまったので、もう少し調査。

Windows PowerShellはWindows 7から標準で付属されているCUI(Command line User Interface). XP, Vistaにも対応している。詳しくはWikipediaで。

これからのWindows ServerはPowerShellで管理できるようになるらしい。PowerShellでRemote接続してServiceの管理も出来るらしい。

スクリプト センター | TechNet

起動するにはPowerShellで検索すると出てくる。

image

Windows PowerShell ISE(Integrated Scripting Environment)はPowerShell用の統合開発環境。InputとOutputがFrameで別れているので普通に使う分にも見やすい。

image

ただ慣れているLinuxのKeybindを使えないのが難点。

そのうちClosure Compilerを使ったCompileを自動化するScriptを試しに作ってみようと思う。

 

< Related Posts >

Google Closure Libraryを使った開発事始め

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives