2015年6月16日火曜日

Redmineに「Redmine Git Hosting」PluginをInstall(途中で諦め)

redmine_gitRedmineで各プロジェクトのリポジトリを設定しているときにデフォルトのブランチを設定出来ないかと調査したときの覚書。

masterから納品先ごとにブランチ切っているから。参考:GitLab flowのproductionブランチ

環境: CentOS 6.6, Redmine 3.0.3, Redmine Git Hosting 1.0.6

 

「Redmine Git Hosting」というRedmineプラグインを導入すると実現できるみたい。

 

目次

  1. インストール
  2. Gitoliteの導入を諦めてアンインストール

 


1.インストール

公式サイトにしたがって行う。

必要なソフトをインストール
# yum install libssh2 libssh2-devel cmake libgpg-error-devel

依存している「Redmine Bootstrap Kit」プラグインをインストール
# cd /opt/redmine/plugins/
# git clone https://github.com/jbox-web/redmine_bootstrap_kit.git

安定版ブランチへ移動
# cd redmine_bootstrap_kit/
# git branch -a
# git checkout v0.2.x

「Redmine Git Hosting」プラグインをインストール
# git clone https://github.com/jbox-web/redmine_git_hosting.git

安定版ブランチへ移動
# cd redmine_git_hosting/
# git branch -a
# git checkout v1.0.x

関連Gemのインストール
# cd /opt/redmine/
# bundle install --without development test

赤文字が出力されるのでエラーと思いきや、もう一度実行すると無事終了。
# bundle install --without development test

データベースのアップデート
# bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production NAME=redmine_git_hosting

Redmine再起動
# /etc/rc.d/init.d/redmine restart

 


2.Gitoliteの導入を諦めてアンインストール

管理画面に「Redmine Git Hosting」があるので覗いてみる。聞き慣れない「Gitolite」の設定項目がいくつか。

「Gitolite」はGitの権限周りを設定できるらしい。

YUM経由でインストール出来そうなのは確認。

設定が面倒くさそうなので諦めた。

インストールしたプラグインをアンインストール
# bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production NAME=redmine_git_hosting VERSION=0
# rm -rf plugins/redmine_git_hosting/
# rm -rf plugins/redmine_bootstrap_kit/
# /etc/rc.d/init.d/redmine restart


 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives