2017年12月10日日曜日

Titanium SDK 7.0.0.GAとAndroid NDKはAndroid Studio経由に切り替え

axway-titaniumAxway Titanium SDKが7.0.0になってAndroid NDK r16に対応したということでアップデートしたときの覚書。

環境: macOS Sierra v10.12.6, JDK 1.8.0_131, Android Studio 3.0.1


参考



1.Android Studio経由でNDKをインストール

Android Studioを起動して、SDK Toolsの中にあるNDKをインストール。

インストールされた場所
/Applications/android-sdk-macosx/ndk-bundle/

環境変数は指定しなくてもいいのかな?と思いコメントアウトしてみる(昔は必要だった)。
$ less .bash_profile

# Android SDK, NDK
export ANDROID_HOME=/Applications/android-sdk-macosx
#export ANDROID_NDK=/Applications/android-ndk-r12b




2.Androidモジュールをビルド

arm64に対応したらしいので、公式サイトを参考にmanifestを変更。

ビルド実行
$ appc run p android --build-only

エラー

[ERROR] There is discrepancy between the architectures specified in module manifest and compiled binary.
[ERROR] Architectures in manifest: arm64-v8a,armeabi-v7a,x86
[ERROR] Compiled binary architectures: armeabi-v7a,x86
[ERROR] Please update manifest to match module binary architectures.


新しいモジュールを作成したらビルド成功したので、コードの中に64bit対応していないものをimportしているからだと思う。



< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives