2014年9月12日金曜日

Titaniumモジュールをビルドする環境を整える

titanium-module_buildこのTitaniumモジュールをビルドする環境を作ったときの覚書。

環境: Mac OS X 10.9.4, Titanium SDK 3.3.0.GA

 

参考

 

目次

  1. Android NDKをインストール
  2. Android SDK 2.3.3 (API 10)をインストール
  3. ビルドツールApache Antをインストール

 


1.Android NDKをインストール

TitaniumはNDK Revision 9をサポートしているらしいのでr9dをダウンロードする。
$ cd /Applications/
$ curl -O http://dl.google.com/android/ndk/android-ndk-r9d-darwin-x86_64.tar.bz2
$ tar jxvf android-ndk-r9d-darwin-x86_64.tar.bz2
$ rm android-ndk-r9d-darwin-x86_64.tar.bz2

環境変数を定義
$ vi ~/.profile

# Android NDK
export ANDROID_NDK=/Applications/android-ndk-r9d

確認
$ source ~/.profile
$ echo $ANDROID_NDK;

 


2.Android SDK 2.3.3 (API 10)をインストール

必須らしいので、android-sdk-macos/tools/androidを実行してインストール。

環境変数を定義してあるか確認。
vi ~/.profile

# Android SDK
export ANDROID_SDK=/Applications/android-sdk-macosx

確認
$ source ~/.profile
$ echo $ANDROID_SDK;

環境が整ったか確認
$ titanium setup

Where do you want to go? k

 


3.ビルドツールApache Antをインストール

公式サイトからダウンロード。
$ curl -O http://ftp.riken.jp/net/apache//ant/binaries/apache-ant-1.9.4-bin.tar.gz
$ tar -zxvf apache-ant-1.9.4-bin.tar.gz
$ rm apache-ant-1.9.4-bin.tar.gz

パスを通す
$ vi ~/.profile

# Apache Ant
export PATH=$PATH:/Applications/apache-ant-1.9.4/bin

確認
$ source ~/.profile
$ echo $PATH;

ちなみにgperfはMacの場合Xcodeを付随してインストールされる。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives