2008年6月3日火曜日

【Linux】IPアドレスを追加する

サーバを構築すると、社内LAN用のIPと外部公開用のIPと2つサーバに割り当てる必要があります。そんなときは次のコマンドを実行するだけ。環境はCentOS

# ifconfig eth0:0 <設定する外部公開用のIPアドレス>

eth0はifconfigで表示されるデバイス名。:0はエイリアス番号。ここを参考に。

ちゃんと設定されたかはifconfigを実行して確認。ちなみに外部に公開するときはファイヤーウォールの設定も確認しましょう。参考

あ、もちろんルータの設定も必要ですよ。

<2008/07/04 追記> これだけだと再起動したら元に戻ってしまうので、 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 をコピーして /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0 を作り、IPアドレスを記述すればOK. 例↓

GATEWAY=192.168.0.3
TYPE=Ethernet
DEVICE=eth0:0
HWADDR=00:0c:29:aa:88:ce
NETMASK=255.255.255.248
IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives