2008年11月10日月曜日

【Linux】CentOSでFAX送信サーバ構築

システムからFaxを送信する必要があったので、調査&設定したメモ。

環境はCentOS5.2。

FAXモデムは外付けのオムロンME5614Dを選択、外付けの方がやりやすいらしい。参考になるのはここここここ
以下実行したコマンド。

まずは、faxを送信するソフトウェアを導入。
#yum install efax
ちなみにバージョンは0.9-27.2.1。

その後、PDFとかPostScriptを操作するツールを導入。
# yum install poppler-utils ghostscript

faxモデムはシリアルポート(com1)に接続し、デバイスの接続権限を設定。
# chmod 666 /dev/ttyS0

シェルスクリプト(/usr/bin/fax)のFaxデバイス名が/dev/modemになっているので、シンボリックリンクを作る。
# ln -sf /dev/ttyS0 /dev/modem

ロックファイルの置き場所の権限を設定
# chmod 777 /var/lock

efaxを使ったシェルスクリプトが/usr/bin/faxにあるのでこれをさっきのリンクを参考に修正(バックアップをとってから)。
# cp /usr/bin/fax /usr/bin/fax-bak
# vi /usr/bin/fax

変更箇所↓
FROM="+81 052 111 2222" #81は国番号。052-111-2222の場合
NAME="from AURORA.Fax"
PAGE=a4
TELCVT='sed -e s/+81 */0/'            # Japan

PDFを作成して動作確認。
# pdftops /tmp/Book1.pdf
# fax make Book1.ps
# fax send 052-111-2222 Book1.ps.001

番号は「-(ハイフン)」があってもなくても送れる。複数ページに分かれる場合は
# fax send 052-111-2222 Book1.ps.*
とすれば一括送信。

ちなみに電話番号に「,(カンマ)」を記述すれば数秒待機する0発信の場合はこれを利用すると実現できそう。
# fax send 0,052-111-2222 Book1.ps.*

ただ、ビジネスフォン(うちは「マルチビジネスシステムαRX」)やPBXを導入している場合は別途そっちの設定が必要みたい。

親機を使って、特定の番号を入力していくらしいけど、この番号はNTTの社外秘らしく。どこを探してもマニュアルなどない。自分で設定できるように公開してほしい。

今のところはFax送信だけで、そのうち受信もやってみよう。

<2009/04/16 追記>
マシンを再起動したときにシンボリックリンクが消えてしまう現象に対応した。こちらの記事を参照。

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives