2010年8月30日月曜日

Mac環境にGAEの環境(Python)を整えてGAEOをインストール

Google App Engine(GAE)の開発をしようと思って、フレームワークのGoogle App Engine Oil(GAEO)をインストールしてみたけど、パスの関係でWindows環境では動作しないと分かったので、Macで開発することにした。

GAEのWindows環境へのインストール方法はこちら

環境はMac OS X Server 10.6.4

MacにはPython 2.5が既にインストールされているので、GoogleのGAE公式サイトからApp Engine SDK for Pythonをダウンロードする。

GoogleAppEngineLauncherをアプリケーションにコピーして終了。

次はGAEOのインストール。公式サイトから最新ソースをダウンロードするかMercurialを使ってクローンする。Mercurialについては前の記事を参考に。

適当なディレクトリに配置して、google-app-engine-oil/binにPATHを通す。

$ vi .bash_profile
  export PATH=$PATH:/Users/suganuma/GAE/google-app-engine-oil/bin
$ source .bash_profile

PATHの設定は前の記事も参考に。

これで環境周りは終了。

実際に試してみる。GAEOのマニュアルも参考に。

$ cd /Users/suganuma/GAE

$ gaeo gaeo.py gbook

これでGoogleAppEngineLauncherを起動して、File → Add Existing Applicationからさっき作ったgbookを選択。

Run後、しばらくするとBrowseが有効になるのでクリックして表示してみると

「It works!!」

が表示されれば成功。

 

<関連記事>

MacのPATHを設定(追加)する
Macにバージョン管理ソフト「Mercurial」をインストール
Windows環境にGoogle App Engineの環境を整える(Python)
コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives