Macにバージョン管理ソフト「Mercurial」をインストール

MacでGoogle App Engine(GAE)の開発をしようと思って、バージョン管理ソフトウェアの「Mercurial(マーキュリアル)」をインストールしたときのメモ。

詳しくはWikipediaを参照。

なぜMercurialが必要になったかというと、GAEの開発で「Google App Engine Oil(GAEO)」というフレームワークを使ってみようと思ったから。

Mercurialのダウンロードはこちらから。

インストール後はコマンドラインで使えるようになる。GUIで使えるようにするためには別途ツールをインストールする必要がある。

MacMercurialというのを見つけた。

いまのところはコマンドでやるつもり。コマンドを確認するときは

$ hg help

で。

・・・というかメインがWindowsなので、MercurialのWindows用クライアントをインストールして共有フォルダ経由で作業しているけど。

 

<関連記事>

Windows環境にGoogle App Engineの環境を整える(Python)
Mac mini(snow leopard server) + VMware fusion 3を買った

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER