2014年10月2日木曜日

PHPStormを64bitで動作+メモリ容量を増やして高速化

phpstorm_boostupコード補完候補が表示されるときに一瞬止まるのがイラッときたので調査。

環境: Windows 8.1 x64, JDK 8u20, PHPStorm 8.0.2

やってはみたものの日本語入力すると落ちるのでオススメしない。

→ こちらの方が既に報告してくれている様子。Javaのバグらしい。バージョン9で直るらしいのでしばらく先になりそう。

 

< 2015/03/24 Modified >
PHPStorm 8.0.3 + JDK 8u40で無事動作するのを確認。

 

参考サイト

 

目次

  • 使用中のメモリ容量を表示
  • 64bit版JDKをインストール
  • 64bit版PHPStormを起動
  • 最大使用メモリ容量を増やす

 


1.使用中のメモリ容量を表示

File → Settings → Appearance → Show memory indicator

 


2.64bit版JDKをインストール

Help → Aboutで確認するとJRE 1.7.0 x86を使っているので最新の64bit版JDK 1.8をインストールすれば速くなるかなと思ってやってみた。

JDKを公式サイトからダウンロード。JREでなくJDKと参考サイトに書いてあった。

「jdk-8u20-windows-x64.exe」を実行してインストール。

念のためマシン再起動。

 


3.64bit版PHPStormを起動

PHPStormのインストールディレクトリに移動して64bit版を起動。

C:\Program Files (x86)\JetBrains\PhpStorm 8.0.2\bin\PhpStorm64.exe

Help → Aboutでさっきインストールした1.8を使っているか確認。

 


4.最大使用メモリ容量を増やす

PhpStorm64.exe.vmoptionsを編集する。

エディタ(メモ帳など)を管理者として実行して下記のように変更。

変更前

-Xms128m
-Xmx750m
-XX:MaxPermSize=350m
-XX:ReservedCodeCacheSize=225m
-ea
-Dsun.io.useCanonCaches=false
-Djava.net.preferIPv4Stack=true
-Djsse.enableSNIExtension=false
-XX:+UseConcMarkSweepGC
-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=50

 

変更後

-Xms512m
-Xmx1024m
-XX:MaxPermSize=500m
-XX:ReservedCodeCacheSize=225m
-ea
-Dsun.io.useCanonCaches=false
-Djava.net.preferIPv4Stack=true
-Djsse.enableSNIExtension=false
-XX:+UseConcMarkSweepGC
-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=50

 

PhpStorm64.exeを再起動。メモリインディケーターの最大値が増えていることを確認。

何となく速くなった気がする。

 

。。。でも残念なことに日本語を入力後に必ず落ちるので、前の32bit版を使ってる。IMEはGoogle日本語入力。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives