Androidの次期OS(?)Google製「Fuchsia」

最近「Fuchsia」という単語を目にするようになったので調べたときの覚書。

「Fuchsia」はGoogleが開発しているOS。

2016年8月公開。Linuxカーネルを使っておらずモバイルを意識した新しいカーネル。


まだどうなるか分からない。

合わせて紹介される「Dart」言語。

Googleが2011年に発表した言語。

JavaScriptの置き換えを目的としていたがいまいち流行らず、聞かなくなっていた。

それが、Dart言語をベースにしたFlutterというツールが発表され注目を集めるようになってきた。


Dart2がモバイルアプリ向け開発プラットフォームを主軸におくことで再燃。

クロスプラットフォームはどの言語(ツール)がシェアを獲得するか過渡期な感じ。


サーバーサイドはNode.jsに勝てなかったみたい。

GoogleがFuchsiaを本気で広める気があるなら、Dart言語を学んでおいた方がいいかもしれない。


< Related Posts >

コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい