2013年8月27日火曜日

Titanium Studioで"L"のWarningを消したい

titanium_validator-warningTitanium Studioのバリデーション機能を使って構文チェックしているときに"L"(Titanium.Local.getString()のショートカット)がずっとWarning表示されるので非表示するやり方を調査。

環境: Titanium Studio 3.1.2

まずはバリデーション機能を有効にするやり方

Titanium Studio → Preferences → Studio → Validation

JSLint Validatorにチェックを付ける。

image

プロジェクト内を全て再チェックしたい場合は、Project → Clean...

 

'L' was used before it was defined.

がたくさん表示されて見にくいので、フィルターの設定をする。

Titanium Studio → Preferences → Studio → Validation

JSLint Validatorを選択して、下記Filterを追加。「Missing 'new'.」はお好みで。

Missing 'new'.
'L' was .+

image

Strictモードで書いていると未定義の変数があるだけで落ちてしまうので(Android)、Titanium Studioのバリデーション機能は便利。

ファイルの先頭にJSLintのオプションを記述することも出来る。詳細はJSLint: The JavaScript Code Quality Tool

/*jslint eqeq:true, nomen:true, devel:true, plusplus:true*/

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives