2016年6月7日火曜日

Titaniumモジュールのサンプルアプリをビルド(Android編)

titanium_android2Titaniumモジュールを一から開発したことはなかったので、ドキュメントに従ってサンプルをビルドしたときの覚書。

環境: Mac OS X 10.11.5, Titanium SDK 5.3.0.GA

参考

 


1.サンプルモジュールを作成してビルド

公式ドキュメントのクイックスタート通りに作ってみる。
$ cd Documents/Appcelerator_Studio_Workspace/
$ appc new -n ti.test --id com.example.test -p Android

プロジェクト名は「ti.test」で作成。プロンプトが出るので「Titanium Module (timodule)」を選択。

さっそくビルド
$ cd ti.test/android/
$ ant

無事終了。

dist/com.example.test-android-1.0.0.zipが出来た。

 


2.サンプルモジュールを実行するTitaniumアプリを作成

クイックスタートの続き。
$ cd ~/Documents/Appcelerator_Studio_Workspace/
$ appc new -t titanium -p android -n Hello -u http:// --id com.example.hello

Helloディレクトリにさっきビルドしたモジュールをコピー
$ cp ti.test/android/dist/com.example.test-android-1.0.0.zip Hello/

tiapp.xmlを編集
$ cd Hello/
$ less tiapp.xml

<modules>
  <module platform="commonjs">ti.cloud</module>
  <module platform="android">com.example.test</module>
</modules>

alloyは使ったことがないので削除する。
$ rm -rf Resources/android/
$ less tiapp.xml

pluginsを削除。

モジュールの動作確認のため、app.jsを編集する。最後に追記。
$ less Resources/app.js

// Module Test
var test = require('com.example.test');
console.log("module is => " + test);
console.log("module example() method returns => " + test.example());
console.log("module exampleProp is => " + test.exampleProp);
test.exampleProp = "This is a test value";

これでビルドする。
$ appc ti build -p android -T device

コンソールに「hello world」が表示されれば成功。

ddmsでTagを「TiTestModule」で絞り込むとモジュールに書いてあるLog.dを確認できる。

動作確認するまで時間が掛かるのがつらい。

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives