2016年11月10日木曜日

Android開発するのにJava互換の言語「Kotlin」を調査

kotlinAppcelerator TitaniumでFirebase(ネイティブ広告)を使うにはハードルが高そうだというのが分かったので、Javaで作ろうかなと思っているときの覚書。

Javaで書いてしまうと負けた気がするので、スクリプト言語的にサクサク書けるものがないかと検索すると、Kotlinという言語がいいらしい。

 

目次

  1. Kotlinとは
  2. Kotlinの評価
  3. JetBrains公式ライブラリ「Anko」が良さそう

 


1.Kotlinとは

Kotlinは100%Java互換のプログラミング言語。Javaを簡潔・安全に記述できるように開発された。

私もお世話になっているPhpStormやAndroid Studioの開発元JetBrainsが開発。2016年2月バージョン1.0が公開。

Android StudioのプラグインやGradleプラグインが提供されているので、Android開発の環境は整っている。

1つのプロジェクトでJavaと共存できるようなので、Javaのライブラリも活用できそう。

 


2.Kotlinの評価

ネット上の評価

概ね高評価。

 


3.JetBrains公式ライブラリ「Anko」が良さそう

Titaniumの開発でもAlloyを使わずクラシックな書き方をしてきた私にとって、画面レイアウトをXMLで記述するのに抵抗がある。

標準APIでゴリゴリ書くのも大変そう。

「Anko」を使うとXMLを記述せずに分かりやすくUIを記述できるみたい。

 

次回は実際に作ってみる。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives