MongoDBをyum経由でCentOSにInstall

node.jsの開発をするときにMongoDBを使おうとInstall、設定したときのMemo

環境はCentOS5.5 64bit

Official Siteにyum経由でInstallするやり方があるので、そちらを参考に。

# yum install mongo-10gen-server

今のVersionは1.8.1。起動Scriptが/etc/rc.d/init.d/mongodに出来るので、それを読めば何となく分かる。

# less /etc/rc.d/init.d/mongod

/etc/mongod.conf
/etc/sysconfig/mongod
から設定を読み込んで起動しているみたい。各項目はOfficial Siteのこの辺を読めば分かりそう。

とりあえず起動してStartUpに登録しておく。
# /etc/rc.d/init.d/mongod start
# chkconfig --add mongod
# chkconfig mongod on

 

< Related Posts >

MongoDBの概要を調べる

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER