Titanium SDK 3.0からのTitanium CLIを使ってみる

titanium_cliTitanium SDK 3.0のReleaseに新しいcommand-line interface(CLI)が含まれていたので使ってみた。

Titanium SDK 3.0.0に関してはOfficial Siteを参考に。

環境: Titanium SDK 3.0.0, node.js v0.8.16, titanium@3.0.22

 

今までも可能だったけど、いくつか設定が必要だった。詳しくは前の記事を参考に。

3.0.0からのTitanium CLIを使うとProjectの作成、BuildまでをCommand-lineで完結できるようになる(Titanium Studioを起動する必要がない)。

参考にしたSite.

 

まずは準備。

node.jsのInstallが必要らしい。私はAlloyを試したときにInstall済みなのでそちらの記事を参考に。

node.jsがIntasllされている環境だと、自動でInstallされるみたい。

 

使い方。

Project Folderに移動して下記Commandを実行
$ cd Documents/Titanium\ Studio\ Workspace/hoge
$ titanium build -p ios --log-level trace

Optionの意味は
$ titanium build -h
が一番詳しい。

 

 

< Related Posts >

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links