埼玉県武蔵浦和の法律事務所

advice仕事を進めていく中で「揉めそうな予感」がピンと来たので、さいたま起業家協議会で知り合った弁護士の方に相談したときの覚書。

お世話になった法律事務所はこちら。


今まで交わした契約書はネットのサンプルを元に作成した自作。

契約書内のダメな部分を指摘され、かなり焦った。

書きづらいことは「誠実協議」の部分で何とかなると思っていたけど全く意味ないらしい。

第9条(誠実協議)

本契約に定めのない事項および疑義については、甲乙協議の上、誠意をもって処理するものとする。

「契約書なんて関係ないよ。揉めるなんてプロジェクト管理が出来てない証拠」と思っていた自分が恥ずかしい。

でも、このタイミングで相談できたのは本当に良かったと思い直すことにした。

全部話せる弁護士の先生に会えたのは大きい。

コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい