国民健康保険と協会けんぽの違い

健康診断予約システム開発に向けて整理整頓しているときの覚書。

「国民健康保険」と「協会けんぽ(社会保険)」は公的医療保険の一つ。
「協会けんぽ」は社会保険を運用する全国健康保険協会の略称。
似た名前ばかりで混乱するから
  • 会社員で社会保険の人は「協会けんぽ」(社保)
  • それ以外は「国民健康保険」(国保)
と言い分けている事が多い。


医療保険は社会保険制度(医療保険、年金保険、労働保険)の一部。
日本の全国民は公的医療保険に加入しなければならない(国民皆保険)。

【比較表】
名称社会保険(健康保険)国民健康保険
略称社保国保
医療保険種別被用者保険
(被用者=雇われた人)
地域保険
運営全国健康保険協会
(略称:協会けんぽ)
市区町村
対象者被用者(社長含む)社会保険に含まれない人(自営業、無職者など)
保険料負担会社と折半全額自己負担
保険料の計算方法月収年収(世帯所得)
扶養家族扶養家族全て含む。
(家族何人いても保険料は一人分)
扶養家族という概念がない。
世帯ごと保険料を収める。
手続き会社が全部やってくれる入会、脱退共に住まいの市町村役場で行う。
社保に切り替えた場合も脱退の届出を行う必要がある。


普通に生きていれば手続きは会社がやってくれるから「どっちですか?」と聞かれても分からない。



【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER