2012年10月5日金曜日

MacにMacPortsをInstallしてnode.jsの環境を設定 for Alloy

install_macports_nodejs_alloyTitanium Studioを使って開発する際に、MVC Frameworkの「Alloy」がnode.jsの環境が必要なので、MacPortsからInstallしてみた。

環境: Mac mini OS X 10.8.2(Mountain Lion), MacPorts 2.1.2, node.js 0.8.11

参考にしたSite.

 

< 2014/01/13 Modified >
MacPortsを使わなくてもNVMを利用した方が管理しやすい。詳しくは下記。

 


Install MacPorts

XcodeがInstallしてある前提。MacPortsがXcodeのCommand Line Toolsを使うらしいので
Xcode -> Preferences -> Downloads
からCommand Line ToolsをInstallする。

image

MacPortsのpkgをOfficial SiteからDownload. pkgをDouble ClickしてInstall.

Install後は一回Logoutするとport commendを使えるようになる。

$ sudo port selfupdate

 


Install node.js & npm & Alloy

Terminalから
$ sudo port install nodejs

確認
$ node -v

今度はnpm
$ sudo port install npm

確認
$ npm -v

version 1.1.62がInstallされた。

今度はAlloy
$ sudo npm install alloy -g

確認
$ alloy -V

version 0.2.39がInstallされた。

 


Test用Appを作成してみる

AlloyのOfficial Documentを参考に。

File -> New -> Titanium Mobile Project

「Single Window Application」を選択、適当な名前を入れてProjectを作成。

Terminalから作成したProjectに移動してAlloyを適用する。
$ cd Document/Titanium\ Studio\ Workspace/AlloyTest/
$ alloy new

controller, model, viewが作成される。simulatorで確認。

Documentは今のところGitHubのREADME.mdが一番詳しい気がする。

MVC開発経験のある人なら問題なさそう。あとはAlloy開発用のDocumentが充実してほしい。

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives