2015年5月15日金曜日

GitをSourceからBuildしてRubyの最新版をInstall

git_rubyGit → Ruby → Redmine → GitLabとインストールしたときの覚書。今回はRubyのインストールまで。

環境: CentOS 6.6 x86_64

目次

  1. Gitをインストール
  2. rbenv + ruby-buildをインストール
  3. Rubyをインストール

 


1.Gitをインストール

yumでインストールしようと思ったけど、後々GitLabをインストールしたいのでGitLabの動作条件を確認するとGit 1.7.10+。yumにあるのは1.7.1だったので最新バージョンをビルドすることにした。

公式サイトの通りにインストール。
# yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel

# curl -O https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.4.1.tar.gz

# tar -xzvf git-2.4.1.tar.gz
# cd git-2.4.1
# make configure

/usrにインストール。
# ./configure --prefix=/usr
# make all

エラー

/usr/bin/perl Makefile.PL PREFIX='/usr' INSTALL_BASE='' --localedir='/usr/share/locale'
Can't locate ExtUtils/MakeMaker.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib64/perl5 /usr/local/share/perl5 /usr/lib64/perl5/vendor_perl /usr/share/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5 /usr/share/perl5 .) at Makefile.PL line 3.
BEGIN failed--compilation aborted at Makefile.PL line 3.
make[1]: *** [perl.mak] エラー 2
make: *** [perl/perl.mak] エラー 2

必要なソフトをインストールして再実行
# yum install perl-ExtUtils-MakeMaker
# make clean
# ./configure --prefix=/usr
# make all
# make install

# git --version

git version 2.4.1

 

次回以降のアップデート環境も作っておく。
# cd /opt/software/
# git clone git://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git
# cd git
# make configure
# ./configure --prefix=/usr
# make all
# make install

# git --version

git version 2.4.1.168.g1ea28e1

 


2.rbenv + ruby-buildをインストール

rbenv + ruby-buildを使うと複数のRubyのバージョンを管理できるらしい。node.jsのバージョン管理ソフトnvmみたいなもの。

公式サイトの通りにインストール。

# cd /opt/software/
# git clone
https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
# echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
# echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
# source ~/.bash_profile

# rbenv --version

rbenv 0.4.0-148-g5b9e4f0

今度はruby-buildをインストール
# git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

 


< 2016/05/09 追記 >
rbenvをアップデートしてRubyを再インストールした。
# cd ~/.rbenv/
# git pull
# cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src

Ruby Buildも最新に
# cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build/
# git pull

Rubyを再インストール
# rbenv install --force 2.2.4

 


3.Rubyをインストール

インストール可能なリスト一覧
# rbenv install -l

RedmineもGitLabもRuby 2.2に対応したらしい。
# rbenv install 2.2.2
# rbenv global 2.2.2

# ruby --version

ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-linux]

インストールされているRubyのバージョンを確認
# rbenv versions

* 2.2.2 (set by /root/.rbenv/version)

 

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives