VMware Serverをバージョンアップ

vmware serverが1.0.5にバージョンアップしていたので再インストールしました。いくつかセキュリティ上のバグが修正されているみたいです。

ただ再インストールするだけではおもしろくないので、今回はWeb経由で管理できるツール「Management Interface」もインストールしてみました。

↓こんな感じ。

image

インストールの仕方などはここの記事を参考に。

管理コンソールをインストールしなくていいから便利。

最初起動したときはSSLが有効になっているので、https://ceres:8333/でアクセス。SSLを使わなくてもいいときはオプション(Optionsタブ)でSSLを無効にしてhttpd.vmwareを再起動。

$ /etc/rc.d/init.d/httpd.vmware restart

この場合はhttp://ceres:8222/でアクセス。サーバのポートを開けるのを忘れずに。

あと自動起動をonにしておく

$ chkconfig httpd.vmware on

他の人にはこれで管理してもらおう。

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER