Windows XP SP3 RC版をいつの間にか使っていた

リモートデスクトップを使おうとしたら

プレ リリース版のリモート デスクトップ接続の有効期限が切れました。製品版のリモート デスクトップ接続をダウンロードするには、Windows Update を使用するか、またはシステム管理者に問い合わせてください。

と怒られたので「なんでやねん!!」と思って調べていたら、Windows XP SP3 RC版を使っていたことに気づいた。

もちろんWindows XPは正規版。騙されたのはMicrosoftのサイトで配布しているSP3のネットワークインストールパッケージが(手違いで)RC版だった期間があるらしい。

もちろん今は直っている。Windows Updateを使ってSP3にした場合は大丈夫。

今自分のXPがRC版かどうか判断するのはマイコンピュータのプロパティでService Pack 3の後にv.○○がついているとRC版。

image

通常のSP3はこう↓

image

なんか不安定だった理由はこれか!

コメント

  1. XPもSP3になったんだね。クライアントOSの細かいバージョンを気にしなくなってたから驚き

    返信削除
  2. 自動更新をやっていると気付かないですね。

    会社のPCは大丈夫なのですが、自宅のPCは1年に1回は再インストールするので、SP3適用済みのインストールディスクを作成するときにRC版のサービスパックを適用してしまったのが今回の敗因です。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER