PostgreSQLのチューニング(postgresql.confの設定)

サーバーを設定する際にPostgreSQLに割り当てるメモリをどれくらいにするか調査したメモ。

環境はCentOS 5.4, PostgreSQL 8.3.9

postgresql.confに書いてある設定の意味は公式リファレンスを参照する。

このwikiを参考に。

  • shared_buffers = 1024MB #共有メモリバッファ
  • temp_buffers = 256MB # 一時テーブルで使用
  • work_mem = 10MB #ソートやテーブル結合で使用
  • wal_buffers = 1024kB #トランザクションログで使用
  • effective_cache_size = 256MB #なるべくインデックスを使うように
  • random_page_cost = 2.0 #なるべくインデックスを使うように

 

▼関連記事

MySQLのチューニングメモ

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER