【Linux】Icecastの認証設定(htpasswd)

音声をストリーミング再生しているサイトにユーザー名とパスワードで認証設定したときのメモ。

環境は CentOS 5.4(Linux), Icecast 2.3.2, IceS 2.0.1

基本は公式サイトのドキュメントを見れば分かる(英語)。

日本語はお友達のブログが参考に。

ICEcast2 for Windowsへ認証設定

Linux版もWindowsとほぼ同じ。

まずはicecastのconfigファイルに認証設定を適用するmountポイントにauthenticationタグを追記。下のサンプルはicesでストリーミング配信しているマウントポイントに設定する方法

    <mount>
        <mount-name>/ices</mount-name>

        <authentication type="htpasswd">
                <option name="filename" value="/usr/local/etc/auth/htpasswd"/>
                <option name="allow_duplicate_users" value="1"/>
        </authentication>
    </mount>

filenameで指定したファイルはこの時点で存在している必要はない。ただフォルダに書き込み権限が必要。
# mkdir /usr/local/etc/auth
# chown apache. /usr/local/etc/auth

もしくは

# chmod 777 /usr/local/etc/auth

icecastを再起動

# /etc/rc.d/ini.d/icecast restart

ちなみにこの起動スクリプトは前の記事を参考に。

後は管理画面から操作できる。

image

 image

「Manage Authentication」からUser Id、Passwordを入力して登録すると設定ファイルで指定したファイルを作ってくれる。

削除もこの画面からできるので便利。

 

<関連記事>

Icecastのコンパイルとインストール
Icecast + winamp + edcastで音声のストリーミング(ラジオ局)
【Linux】Icecast serverのクライアントIceSをコンパイル、インストール
【Icecast】出力されるstream_startのフォーマットを変更する
【Icecast】別ポートでIcecastサーバーを複数起動する
【Icecast】Winampからストリーミングすると日本語が文字化け

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER