Windows Live MailからThunderbirdに乗り換えた

前の会社ではGoogle Appsを導入していたので、Mailを全てcloudで管理していた。SingaporeではMail環境をどうしようか迷ったときのMemo。

OSはWindows7。結局

  • POP3 server → Gmail(Tagを付けてServerにMessageを残す)
  • POP3 server → Thunderbird(1日前のMessageは削除) → 返信(BCCに自動でGmailのaddressを追加)

という感じにした。ちなみにGmailは独自DomainのGoogle Apps。SMTPの設定をしておけば外出先からでもGmailを使って返信が出来る。

最初はWindows Live Mailを使っていたけど、Thunderbirdの方が圧倒的に使いやすかった。理由は下記。

  • WL Mailは自動でBCCに特定のAddressを設定することが出来ない
  • WL Mailは新着MailをPopupで通知する機能がない(New Mail Attentionがオススメ)
  • ThunderbirdのGoogle Contacts addonを使えばGmail(Google Apps)のAddress張と同期できて幸せ
  • Display Mail User Agent Extensionも相手のMail Clientが分かって面白い。

 

<関連記事>

Thunderbirdのアドレス帳をGoogle Apps(Gmail)の連絡先に移行
【メモ】Thunderbirdアドオン

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER