GoogleアナリティクスからGoogleタグマネージャに切り替え

google-tag-managerGoogleタグマネージャを使うと、Google AnalyticsやAdWordsのコンバージョンスクリプトをいちいち埋め込まずに管理できる。

最近は使いやすくなって本番運用に活用できる。

詳しくは公式サイトで。

 

出来ること

  • 任意のスクリプト(タグ)を任意のタイミング(トリガー)で実行することが出来る
  • トリガーを設定するときにCSSセレクタで指定できるので、IDがついてない要素もコードを修正せずにトリガーに出来る
  • プレビュー機能でどのトリガーが実行されたか分かる

 

特に便利だと思ったところ

  • 静的なリンクもコードを修正せずにGoogle Analyticsのイベントを発生させることが出来るから、特定要素のクリック数も簡単に計測可能。
  • プレビュー機能が素晴らしい

 

これからはGoogleタグマネージャを埋め込んでおけば間違いない。

 

< Related Posts >

コメント

このブログの人気の投稿

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links