法人(株式会社)の年末調整。一人社長の3年目

年末調整をしたときの覚書。

環境:株式会社、埼玉県川口市、3年目、社員1名(一人社長)

基本は過去の記事を参考に。

期限は所得税が1/20まで。書類が1月末まで。



1.MFクラウド給与で年末調整処理

MFクラウド給与の画面から年末調整をする。

各種控除申告書の印刷も画面からできる。

控除申告書に記載する項目はないので、「確認」して「年末調整確定」。



2.e-Taxで所得税を納付

去年、ダイレクト納付の申請をしておいたので、e-Tax上で完結できる。

MFクラウド給与で所得税徴収高計算書(納期特例分)をダウンロード。

そのままe-Taxの画面に入力して終了。

画面に従って納付も完了(申請しておいた引き落とし口座が表示されている)。



3.e-Taxで法定調書合計表を申告

MFクラウド給与で下記帳票をダウンロード。

  • 源泉徴収票
  • 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表

e-Taxの「給与所得の源泉徴収票等の法定調書(及び同合計表)の提出 【提出枚数100枚以内】」から源泉徴収票を入力。

「内」の部分は未納金額なので入力しなくていい。

合計表は自動計算されるのでMFクラウド給与で出力したのと同じか確認。

自分のマイナンバーカードで署名して送信。



4.市区町村に給与支払報告書を郵送

MFクラウド給与で下記帳票をダウンロード。

  • 給与支払報告書
  • 給与支払報告書を申告

そのまま印刷、総括表の日付記入 → 裁断 → (自宅の)市役所に送付(2枚とも)


いろいろ確認しながらだと2時間弱は掛かる。


< Related Posts >

コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい