カゴヤ・クラウドVPS(CentOS7)の初期設定

CentOS7インスタンスを最小構成で作成した後、前と設定が違っていたので覚書
環境: CentOS7


1.ホスト名変更

# hostnamectl set-hostname hoge.dksg.co.jp
# hostnamectl status




2.ファイヤーウォール設定

デフォルトでiptablesになってたので、設定ファイルを編集
# less /etc/sysconfig/iptables
# sample configuration for iptables service
# you can edit this manually or use system-config-firewall
# please do not ask us to add additional ports/services to this default configuration
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT
iptablesを再起動
# systemctl reload iptables
開発用サーバーからポートスキャンして確認
# nmap 1.2.3.4


3.時刻同期、SELinux

前はntp設定したけど、多分自動でやってくれるから何もしない。
SELinuxも前は設定したけど、getenforceコマンドとsestatusコマンドもなかったので何もしない。


4.REMIリポジトリを追加

epelをインストール
# yum -y install epel-release

アドレスが変わってた
# curl -O http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
# rpm -ivh remi-release-7.rpm
有効にする
# less /etc/yum.repos.d/remi.repo
[remi]
enabled=1


5.その他WEBサーバー用設定

前の記事を参考に。

< Related Posts >

コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい