Googleしごと検索の採用情報がインデックス登録されたか確認

Googleしごと検索に対応したので、Googleインデックスに登録されたか確認している時の覚書。
何はともあれ公式サイトを参考にする。

公式のJSON-LDの構造をテストツール



これで確認した後はSearch Consoleでインデックスに登録されたか確認する。
「URL検査」からJSON-LDを設置したURLを叩く。
「拡張」に「求人情報」が出ていなければGoogleインデックスに登録されていない。
「公開URLをテスト」をして確認する。




エラーがないことを確認して「インデックス登録をリクエスト」。
試したときは実際Google検索で確認するまで1日掛かった。




「応募」ボタンをクリックするとURLにutmパラメータが自動で追加されているのでGoogleアナリティクスで計測できるようになっている。

気付いた事
  • 検索結果に表示される画像は「hiringOrganization」の「image」が使われる(?要検証)
    自社で試したときのtypeは「Corporation」
  • 「logo」を指定してあっても会社名の最初の文字が表示される(今後変わってくると思う)



インデックス登録を自動化

Index APIを利用すると「インデックス登録をリクエスト」しなくても更新をGoogleに通知できる。

大まかな手順
  1. Google APIコンソールで秘密鍵取得
  2. Google Search Consoleで所有権の確認
  3. クライアントライブラリでアクセストークンの取得
  4. インデックス更新依頼をPOSTリクエスト

インデックス登録自体はPOSTリクエストするだけ。
準備するまでが面倒。
WordPressのプラグインで実装しているので、PHPライブラリのβが取れたら自動化する予定。

< Related Posts >


コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい