CentOSのMariaDBを10.1から10.3にアップグレード

MariaDBを10.1から10.3にアップグレードした時の覚書。

環境: CentOS7.6, MariaDB 10.1.40

10.1のサポートは2020年10月まで。
参考: Maintenance Policy - MariaDB.org

手順は公式サイトを参考に。


1.バックアップ

mariadbbackupというツールがあるのでインストールして使ってみる。
参考: Full Backup and Restore with Mariabackup - MariaDB Knowledge Base
# yum install MariaDB-backup

保存する場所を作ってバックアップ実行
# mkdir /home/backup
# mariabackup --backup --target-dir=/home/backup/20190515 --user=root --password=mypassword

容量(サイズ)の確認
# du -hx --max-depth=1 /home/backup/20190515/

念のためphpMyAdminからもエクスポートしておく。



2.アンインストール

サービスを停止
# systemctl status mariadb
# systemctl stop mariadb

YUMでアンインストール
# yum remove MariaDB-server


3.インストール

YUMのリポジトリを修正(参考: MariaDB - Setting up MariaDB Repositories - MariaDB
# less /etc/yum.repos.d/MariaDB.repo

# MariaDB 10.1 CentOS repository list - created 2016-04-07 10:30 UTC
# http://mariadb.org/mariadb/repositories/
#[mariadb]
#name = MariaDB
#baseurl = http://yum.mariadb.org/10.1/centos7-amd64
#gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
#gpgcheck=1 
# MariaDB 10.3 CentOS repository list - created 2019-05-15 01:18 UTC
# http://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.3/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

インストール実行
# yum install MariaDB-server galera MariaDB-client MariaDB-shared MariaDB-backup MariaDB-common

サービス起動
# systemctl start mariadb

エラーがないか確認
# systemctl status mariadb

アップグレード
# mysql_upgrade --user=root --password=mypassword

自動起動するか確認
# systemctl list-unit-files -t service | grep mariadb
# systemctl enable mariadb

設定ファイルが変更されているので再設定。rpmsaveを見ながら。
# cd /etc/my.cnf.d
# less server.cnf
# systemctl restart mariadb

その他設定はphpMyAdminが見やすい。



【関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい