UpCloudのVPSを試してみた

SubversionのホストにいいVPSサービスを探しているときの覚書。
UpCloudがスペックを柔軟に変更できて、コストパフォーマンスも良さそう。

使ってみた感想など
  • FREE TRIALの間は容量25GBの最低プランのVPS1つしか作れない
  • FREE TRIALから抜け出すためには金額をチャージする必要がある
  • UpCloudはチャージした金額から消化される仕組み
  • ストレージ容量を増やすと月額金額が思ったより高い
ということで、さくらVPSの方がコストパフォーマンスがいいことが分かった。

ちなみにカゴヤVPSのOpenVZはsystemdの変更に対応してくれないので除外。
そもそもカゴヤVPSからの乗り換え先を探している。

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER