2018年5月3日木曜日

開発サイト(hostsで名前解決)へのアクセスが遅い

google-chrome-timeなぜか開発用サーバーへのアクセスが10秒以上かかるようになったので調査したときの覚書。

クライアント環境: Windows 10 64bit, Google Chrome 66.0.3359.117

サーバー環境: CentOS 7.4, nginx 1.14.0, PHP 7.0.29

サーバー環境へはSambaの共有フォルダでアクセスしている。


現象と検証したこと

  • 一回読み込んですぐに更新すれば速い。
  • しばらく後に更新してみると遅い。
  • 同じ作りの他のサイトは問題ない。
  • 別ディレクトリにGit cloneからやり直しても同じ。
  • WordPressの開発だったので「Query Monitor」を入れてみるとMariaDBのSelectは問題なく早い。
  • Firefoxだと早い。Google Chromeだけ遅い。
    ・・・と思ったけど、Firefoxでも起こる。頻度と遅くなったときの速度はFirefoxの方がましな気がする。
  • Sambaを停止しても同じ。
  • 「ping -t」は常に早い


ここまでやってGoogle Chromeの名前解決の問題かなと当たりをつける。

開発サーバーへはWindowsのhostsファイルを編集してアクセスしている。

参考にしたサイト


やったこと(Google Chromeの設定)

  • 「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をオフ
  • プラグインを無効に
  • 閲覧履歴、ダウンロード履歴、キャッシュされた画像とファイルを全削除


それでも直らない。

ちょっと時間切れ。忙しい時にこういうことが起こる。


お昼休憩を挟んで「もしかしたら?」と思って、hostsファイルのURLにある「-」(ハイフン)を削除してみた。それに合わせてnginxの設定を修正。

すると…直った!

動きからするとWindowsのバグかな?


< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives