CentOS7のjournaldを設定して再起動後もログが消えないようにする

Postfixの/var/log/maillogがなかったので調べたときの覚書。

環境: CentOS7.6

参考サイト


CentOS7からは「journald」でログ管理されている。
このログは/run/log/journalに保存されていて再起動すると消えてしまう。

これを消さないようにjournaldの設定を変更
# less /etc/systemd/journald.conf

[Journal]
Storage=persistent

最大容量は設定しない
サービス再起動
# systemctl restart systemd-journald

ログの場所が変わっているか確認
# ls /var/log/

今使用中のディスク容量を確認
# journalctl --disk-usage

ログローテーションはどうなるのだろうか。
追記予定

【2019/05/26 追記】
rsyslogをインストールする記事を書いた。



【関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい