送信ドメイン認証のDMARCを設定

SPFとDKIMは設定してあるけど、DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)は知らなかったので、調査と設定したときの覚書。

環境: G Suite(Gmail)

DMARCとは。

下記サイトを参考に


DMARCを設定すると、送信元が所有ドメインの場合、メールを送った先で認証が失敗したに通知を受け取ることができる。


DMARCを設定する

G Suite管理者ヘルプが分かりやすい。


まずは何もせずにうちの会社「dksg.co.jp」ドメインになりすましているメールのレポートを受け取る設定。value-domainでのDNS設定例
txt @ v=DMARC1; p=none; rua=mailto:info@dksg.co.jp
あとはGmailがこのレコードを見てレポートを送ってくれる。


自前でメール受信サーバーを建てている場合は、postfix + opendmarcで処理できるみたい。



【関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい