アプリ開発プラットフォームFlutterをMacにインストール

FlutterをWindowsにインストールすることは成功したので、iOS開発用に古いMac mini(Mid 2010)でも可能か試したときの覚書。

環境: macOS High Sierra 10.13.6, Flutter SDK v1.5.4, Android Studio 3.4.1, Xcode 10.1

公式サイトを参考に。

以下はWindowsからTeraTermで操作している。

SDKインストール

SDKをダウンロードして展開
$ cd Downloads/
$ curl -O https://storage.googleapis.com/flutter_infra/releases/stable/macos/flutter_macos_v1.5.4-hotfix.2-stable.zip
$ unzip flutter_macos_v1.5.4-hotfix.2-stable.zip

ApplicationsディレクトリへインストールしてPATHの設定
$ mv flutter /Applications/
$ less ~/.bash_profile

# Flutter
export PATH=$PATH:/Applications/flutter/bin

反映して開発用バイナリデータをダウンロード。確認
$ source ~/.bash_profile
$ flutter precache
$ flutter doctor

Warningになっているのをひとつずつ解決していく。

Android SDKの設定

Android Studioを最新にしてFlutterプラグインをインストール。
SDK ManagerからAndroid SDK 29をインストール。
Androidライセンスへ同意
$ flutter doctor --android-licenses

これでAndroid toolchainにチェックマークが付いた。

iOS開発の設定

flutter doctorに表示されているコマンドを実行
$ sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

同じくbrewコマンドを実行していく
$ brew update
$ brew install --HEAD usbmuxd
$ brew link usbmuxd
$ brew install --HEAD libimobiledevice
$ brew install ideviceinstaller
$ brew install ios-deploy
$ brew install cocoapods
$ pod setup

メッセージがいろいろ出るけどひとまず何もしない。

確認
$ flutter doctor

iOS toolchainにチェックマークが付いた。


サンプルをiOS Simulatorで動かす

サンプルをclone
$ mkdir Documents/GitHub
$ cd Documents/GitHub
$ git clone https://github.com/nisrulz/flutter-examples.git
$ cd flutter-examples/
$ ./get_packages.sh

iOS Simulatorを起動。iOS 12.0 Simulator。
Android Studioで「simple_material_app」を開く。

ツールバーでiPhone XS Maxが選択されているのを確認してRun。
無事Simulatorで起動した。嬉しい。

AndroidとiOS共に開発環境が整ったので後は作るだけ。


【関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい