WindowsのChrome上のTextareaやGmailでEmacsのキーバインドを使いたい

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sの英語配列を買ってWindows10に設定したときの覚書。

HHKBはカーソルキーやHome, Endがない(Fnとの組合せ)ので、Emacsのキーバインドが使えないとストレスが溜まる。
ちなみにMacだとOSでサポートしているのでHHKBと相性がいい。

HHKBの設定
  • SW1:ON, SW2:OFFでスペース右の◇をWindowsキーにする
  • SW3:ONでDeleteをBackSpaceにする
  • SW4:ONでスペース左の◇をFnにする(キーマップでFnを別のキーに割り当てるため)
  • Microsoft IMEの設定でCtrl+SpaceでIMEのON/OFFを切り替え可能に
  • 公式キーマップ変更ツールで最下部のキー配置を変更(下記画像参照)

Keyhacのインストール

入力したキーバインドを柔軟に設定可能にする常駐ソフト。作った人天才。

下記設定でconfig.pyを上書きするととりあえず良い感じになる。

これを元に使いながらカスタマイズしていく。
GitHub上でForkしておく。
C:> cd C:\Users\Daiki\AppData\Roaming\Keyhac
C:> git init
C:> git remote add origin git@github.com:DaikiSuganuma/fakeymacs.git
C:> git fetch origin
C:> git reset --hard origin/master

常駐しているKeyhacを右クリックして「設定のリロード」。
ある程度カスタマイズしたらGit pullする。
C:> git add --all
C:> git commit -m 'Add insert_row function, Disable some key-bind.'
C:> git push origin master

私のカスタマイズ例はGitHubで。

主な変更点
  • Alt + EscでIMEのon/off切り替え
  • Ctrl + oで新しい行を挿入
  • Chromeで使いたいショートカット(Ctrl + l)を無効化。
  • C-wでカーソルキーがある単語を選択


Windows + Rで「shell:startup」を入力するとスタートアップフォルダが開くので、Keyhac.exeのショートカットを作成して、自動起動するようにしておく。

その他
  • Google Chomeに「Vimium」を入れてviっぽく操作できるようにすると便利。
  • Windows10の「Advanced keyboard settings → Language bar options」から言語切り替えのショートカットを無効にする。

メインPCをMacに変更したようと思っていたけど、Windowsのままですごく快適になった!


【関連記事】



コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい