CentOSのgit設定(GitHubからパスフレーズなしでclone/push)

CentOS上でGitHubのプライベートリポジトリをGit cloneしたときの覚書。

環境: CentOS 7.8, Git 2.22.3

GitHub公式サイトヘルプを参考に
まずはCentOS上で鍵を生成する。
メールは一応GitHubのアカウントと合わせておく。
# ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email@example.com"

このときにパスフレーズは入力しない
パスフレーズを入れるとgit pull/pushする度に入力が必要になる。

デフォルトで公開鍵(id_rsa.pub)と秘密鍵(id_rsa)が~/.ssh/に作成される。
分かりやすい名前に変更。
# cd ~/.ssh/
# mv id_rsa id_rsa.github
# mv id_rsa.pub id_rsa.github.pub

gitで使用する鍵ファイルを指定
# less config
Host github.com
        IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.github
        User git

gitの設定は終わり。

GitHubへログインしてメニューから
Settings -> SSH and GPG keys
「New SSH key」でKeyに公開鍵の値を貼り付ける。
タイトルは生成した仮想マシンのホスト名を入れといた。

実際にプライベートリポジトリを作ってgit clone/pushを試してみる。


【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER