口座振替は即日停止可能

賃貸を退去するときの話。 1ヵ月前までに電話と退去申請書(解約通知書)を送付したにもかかわらず、退去した翌月の分まで口座振替で引き落とそうとされたときの覚書。


経緯

  1. 9月初めに不動産管理会社に電話して退去の連絡
  2. 退去申請書を送ってほしいということで、その書類が到着するのを待って9月8日頃に送付
  3. 10月16日に退去立会
  4. 10月24日(土)に旧住所から転送で10月27日(火)に11月分家賃を口座振替で引き落とすと通知ハガキが届く
  5. 「止めるのを忘れてたのかな?」と思い電話。土曜だったので担当者から月曜に折り返しますと言われる
  6. 26日(月)に電話が来て「事務手続きが間に合わなかった」と説明される。
  7. そんな分けないので銀行に行って、口座振替停止手続きして引き落としを止めてもらう。


銀行(三菱UFJ銀行)に言って聞いてみたら、引き落としされてなかったら即日停止可能

通帳(相手名義を確認するため)と銀行印が必要。

前日だったので既に引き落とし処理依頼が銀行まで来ていたらしい。


なぜ嘘をついて契約外の家賃を引き落とそうとするのだろうか。
「忘れてました」と謝罪してもらえば済む話かと思ったら、故意だということが電話で話して分かった。
契約違反なので、さすがにこんな管理会社は他にないと思う。

物件自体はすごく気に入っていたので残念。

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links