株式会社の代表取締役の住所変更(定款変更)

法人代表の住所変更したときの覚書。

環境: 株式会社、埼玉県川口市、一人社長

代表の住所が変更になった際には2週間以内に定款変更をしないといけない。
個人の転出/転入届は市役所で手続き済み。
※ このマイナンバーカードの電子証明書の更新をしておく。

やらないといけない事(確認した事)一覧

  • 法務局へ定款変更(代表の住所変更)
  • 税務署へ異動届 → e-Taxで申請
  • 県税事務所へ異動届 → 印刷して提出
  • 市役所へ異動届 → 提出不要
  • 年金事務所へ変更届 → 提出不要

法人口座がある金融機関(三菱UFJ銀行)への届け出は必要なかった(電話して確認した)。


法務局へ定款変更届(代表の住所変更)

法務局のサイトで「株式会社役員変更登記申請書(住所移転)」を見ながら自分で申請書類を作成することもできそう。

今回は前にも使った「会社設立ひとりでできるもん」で書類を作成。
印刷するのに3,300円。

会社設立時は代表住所に部屋番号まで入れたけど、なくても問題なさそうなので今回はマンション名と部屋番号は入れなかった。

印刷して押印。

法務局へ行って必要なもの

  • 収入印紙(登録免許税):1万円

さいたま地方法務局の2階で印紙を購入貼り付けて3階受付に提出するだけ。
何もなければ1週間後に登記完了予定。


e-Taxの利用者情報を変更

e-Taxソフト(WEB版)へログイン。

  1. 「利用者情報の登録・確認・変更」から代表者情報を変更する。
    (法務局へ提出した通りに入力)
  2. 電子証明書の登録・更新を行う。


e-Taxから代表者住所を変更申請

利用者情報を変更した続き。

今度は
申告・申請・納税 → 新規作成 → 法人設立及び異動手続きの申請・届を行う → 法人設立及び異動手続きの申請・届出
を選択。

ヘルプを見ると、

事業年度等を変更した場合等の届出(資本金額等の異動、商号の変更、代表者の変更、事業目的の変更、会社の合併、会社の分割による事業の譲渡若しくは譲受け、会社の解散・清算結了、支店、工場等の異動等を含む。)(※)

(※)が記載されている手続きについては、国税データと同時に地方税データの作成及びeLTAXへの送信が可能です。ただし、地方税データのみでの作成及び送信はできません。

とあったので、e-Taxだけで問題なさそう。

。。。と思ったら、利用者情報で変更した情報が既に反映されている。

「次へ」を押す。

スクロールして、
事業年度等を変更した場合等の届出 → 異動届出書
を選択。

「異動事項等」に「代表者の変更」と選択(これでいいのかは分からない)。
ダイアログが立ち上がるので、同じ代表者名で住所を変更。

一応履歴事項全部証明書は手元にあったけど、PDFを添付せずに「次へ」

「手続きの選択」を確認して「次へ」。

電子署名を付与して送信。

送信結果を印刷PDFとして保存しておく。


県税事務所へ代表者住所の申請

届出・申請に関する様式は下記にあった。

でも、代表者住所については記載がなかったので電話してみた。

上記の書類のその他の括弧の中に「代表者住所」と記入して、新旧を入力して提出すればいいらしい。

PDFを編集して、念のため履歴事項全部証明書の写しを付けて決算書類と一緒に提出。


市役所へ代表者住所の申請

届出・申請に関する様式は下記にあった。

電話して聞いてみたら、代表者の住所変更だけだったら特に提出は不要とのこと。


年金事務所へ代表者住所の申請

届出・申請に関する様式は下記にあった。

電話して聞いてみたら、マイナンバーカード(個人番号)で紐づいていれば変更は必要ないらしい。


【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links