Lets Note S9にUbuntu Desktop 22.04をインストール

古いレッツノートにUbuntu Desktopをインストールしたときの覚書。

環境: Let's note CF-S9L(CF-S9LY9BDP), Intel Core i7 M640 2.8Ghz, メモリ8GB

Let's note CF-S9Lは2010年9月発売。
参考: パナソニック公式サイト|スペック対比表


1.Ubuntu 22.04をクリーンインストール

公式サイトのチュートリアルを参考に。

  1. balenaEtcherというソフトを使ってUSBメモリにISOファイルを書き込む。
    完了後にWindowsが「フォーマットしますか?」と聞いてくるがキャンセル。
  2. USBメモリをノートPCに挿して起動。
    BIOSでUSB HDDの起動順序を上位にしておく。
  3. 3分ぐらい処理が走った後Welcome画面が表示された。
    言語はEnglish、キーボードはJapanese、Minimal installationを選択。
    Other optionsの2つも選択。
  4. Erase disk and install Ubuntu, None
  5. インストールは10分ぐらい。
  6. USBメモリを抜いて再起動。


2.USBメモリをフォーマット

インストールメディアとなったUSBメモリをフォーマットするにはUbuntuになったノートPCにUSBメモリを接続して、Disksアプリケーションを使う。
参考: usb - Can't format Ubuntu installation stick - Ask Ubuntu

  1. 右上のメニューからFormat Disk...
  2. No partitioningを選んでフォーマット。
  3. 左下のアイコンからFormat Partition...
  4. Volume Nameは「USB32GB」とかにして「FAT」を選択。

Windows PCに挿して確認。



3.Ubuntu Desktopの感想など

分かったことや感想など。

  • 内臓Wi-Fiが普通に使える。
  • トラックパッドの右端こすってスクロール出来ない。
  • YouTubeが見れて音も出る。
  • デフォルトでインストールされているFirefoxが遅いように感じる。
    Google Chromeをインストールすると快適になった。
  • Windowsからリモートデスクトップ接続してみたら画面が真っ黒。
  • VNCで接続しても真っ黒。
  • 特にUbuntuだから快適に動作するという分けではなかった。

だいたい分かったのでWindows 10に戻す予定。


【関連記事】