GAE開発のためにEclipse + PyDevをインストール(Windows)

Google App Engine(GAE)の開発をする中で、デバッグってどうやるんだろう?と調べてみると、Eclipse + PyDevを使うとデバッグ作業が効率よくできそうだったのでインストールしてみた。(今回はWindows)

Eclipseは公式サイトからダウンロード。PyDevのサイトをみると3.2 to 3.5と書いてあったので、Eclipse Classic 3.5.2をダウンロードした。

適当な場所に配置してあと、起動してHelp → Install New Software...を選んで Work withに

http://pydev.org/updates

を記述して「Add」するとPyDevが選択できるので、あとは指示に従えば完了。

image

あとは、ここの説明にある手順にしたがって設定(少し情報が古い)。

下記サイトの方が画像付きで分かりやすいかも

EclipseとPydevによるGoogle App Engineの開発環境構築

新規プロジェクトを作成するときにPydev Google App Engine Projectを選ぶと設定がいくつか簡略化できる。

使ってみると、文法を補完してくれたり、デバッグしやすそうな印象。せっかく前の記事でMacのコンソールを使わずにWindowsから開発できるーと喜んでいたのに、結局Macで作業(コーディング)したほうが効率いいかも。

 

<関連記事>

【GAE】別のマシンから動作確認するためのコマンド
Mac環境にGAEの環境(Python)を整えてGAEOをインストール
Windows環境にGoogle App Engineの環境を整える(Python)

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER