一人社長の給与(役員報酬)を変更

yen-up起業して1年が経ち、事業も軌道に乗ってきたので、自分の給与(役員報酬)を変更しようとしたときの覚書。

環境: 一人社長、9月末決算、15日締め当月25日払い


参考サイト



1.取締役会議事録作成

参考サイトのテンプレートの必要箇所に記入して終了。

捺印済みをスキャンして印刷。日本年金機構へ提出用。



2.日本年金機構に月額変更届を提出

月額変更届の提出は2月以降でよかった。

変更した月から3か月後の提出でよかった。

日本年金機構ホームページに従って書類を準備。

「タ」と「チ」に変更後の月額報酬額を書いた。


提出書類

  • 被保険者報酬月額変更届
  • 取締役会議事録の写し
  • 源泉徴収簿(改定月の前の月分)
    MFクラウド給与の「帳票一覧→源泉徴収簿」で出力


間違いがあるか心配だったので窓口に行ってみてもらった。

川口市の場合は浦和年金事務所


確認したこと

  • 変更届は支払った直近3ヵ月の給与を記入するので、私の場合は11月、12月、1月の実績を記入する。
  • 改定年月は平成30年2月。
  • 「タ」と「チ」は未記入。
  • 提出は1月25日以降でよい。
  • 改定年月から60日遅延してなければ、取締役会議事録の写しと源泉徴収簿はいらない。
  • 変更額が小さいならば、そもそも変更届もいらない。私の場合は5等級変わるので必要。

7月に提出する算定基礎届で保険料は決まるので、変更届の重要性は低い。提出したときの覚書。



3.MFクラウド給与の設定変更

従業員情報から役員報酬を変更。

健康保険/厚生年金保険を変更したら保険料が変わるので、これは多分来年変更する。



4.翌年やっぱり下げた

(2019/01/23 追記)

調子に乗って上げ過ぎたので、翌年下げて申請書類を郵送したら下記添付書類が必要だった。

  • 賃金台帳の写し
  • 株主総会または取締役会の議事録

郵送先は管轄の年金事務所ではなく事務センター。




< Related Posts >

コメント

このブログの人気の投稿

オンサイトサポートとは(=出張サポート)

スタートアップで起動するアプリを停止する方法

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい