2016年10月17日月曜日

株式会社設立④:社会保険

heart_money会社設立の手続きをやっているときの覚書。今回は社会保険。

今までの流れ

  1. 株式会社設立①:電子定款を作成、署名、送信
  2. 株式会社設立②:登記申請
  3. 株式会社設立③:税務署、市役所に法人設立届け

 

目次

  1. 社会保険とは
  2. 年金事務所へ行って話しを聞く

 


1.社会保険とは

よく分かっていなかったので調べた。

まず国民健康保険との違い。あくまでも私の理解。

  国民健康保険 社会保険
対象者 自営業 サラリーマン(社長含む)
費用負担 全額個人負担 会社と折半
計算方法 前年の所得 毎月の給与
付帯する年金制度 国民年金 厚生年金
概要 最低限の補償のみ。
赤字経営にして払わない人が多い。
誤魔化せない人は法人成りして計算方法を毎月の給与にした方が節税できる場合があるらしい。
雇用保険、労災保険も含まれていて、何かあったときでも生きていけるようになっている。
社員の場合はあまり気にならないが、経営側になると、その金額の高さにビビる。

 

ちなみに私の場合は9月15日に退職して、国民健康保険への切替手続きをしてないので無保険状態。病院に掛かったら10割負担になる。

 


2.年金事務所へ行って話しを聞く

年金事務所へ行ってみた。

年金事務所にも管轄がある。埼玉県戸田市は北浦和にある。

行くと設立申請セットみたいなのを渡してくれて説明してくれるので、とりあえず行ってみた方がいい。

計算してもらうと、私一人の会社で例えば給与20万円とした場合に月々引き落とされる金額は5万円になるらしい。

高い。。。

そりゃみんな入らないわ。と心の中で思いながら書類をもらって一時撤退。

でも義務なので入らなければならない。

「5日以内に手続きしなければならない」とどこを見ても書いてあるので焦ってたけど、無保険状態が怖くなければすぐ提出しなくてもお咎めはないらしい。

 

提出したら追記予定。

< 2016/12/16 Modified >
追記忘れてたけど加入済み。

給与に反映するのは締め日の翌月。

MFクラウド給与に社会保険加入日と締日を登録していれば、ちゃんと反映される。

 

< Related Posts >

コメントを投稿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Blog Archives