ファイヤーウォールを無効にしてwebpack-dev-serverのサンプルアプリへアクセス

仮想マシン上でやっているチュートリアルをlocalhost以外からアクセスできるようにしたときの覚書。

環境: CentOS 8.1.1911, Node.js v12.16.1, webpack-dev-server@2.11.5

Material Design Components for Webのチュートリアルをやっている。

GitHubで配布されているスターターアプリはlocalhostで動かす前提なので、仮想マシンで実行してWindowsで確認する場合はwebpack-dev-serverの設定を変更する必要がある。
(ちなみにWindowsでも動くので大人しくlocalhostで試した方が早い)

まずはファイヤーウォールを停止。
# systemctl stop firewalld

package.jsonを編集
公式ドキュメント: DevServer | webpack
$ cd /home/httpd/httpdocs/material-components-web-codelabs/mdc-101/starter/
$ less package.json
  "scripts": {
    "start": "webpack-dev-server --progress --host 0.0.0.0"
  },

実行
$ npm start

ブラウザでアクセスするときはIPアドレスで。
NetBIOS名でアクセスできるようにしたかったけど、うまく動かなかった。

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER