さくらのVPS上でFreePBX(CentOS7 + Asterisk16)をインストールして調査

自作クラウドPBXで内線環境を構築しようと調査しているときの覚書。

環境: FreePBX 2011-5(December 2020), Asterisk 16.15.1

いろいろ試した結果、さくらのVPSにFreePBXをインストールするのが一番管理しやすい。

インストール方法は下記を参考に。

インストール後はSSHでAsterisk CLIを起動しておくと何が起こっているか分かりやすい。
詳細モードでAsterisk CLIを起動
# asterisk -rvvvvv


スマホアプリはZoiperを使う。
IAX2に対応したアプリが他になさそう。


その他分かったこと。

  • IAXのアカウントではビデオ通話できない
    (Zoiperの問題?)。
  • SIPだとビデオ通話のメニューは出てくる。Wi-Fiの環境だと表示されない
    (NATの設定で対応できそう)
  • Zoiperの「Send message」で送ると電話が掛かってSMSできない。
    (FreePBXの設定が分からない)


頑張れば自作クラウドPBXが実現できそう。
FreePBXがさらに進化することを期待。

一応Twilio連携を試してみる予定。


【関連記事】

コメント