Windows Server 2008でのターミナルサービス

前のブログでシンクライアント化について書きましたが、Windows Server 2008ではシンクライアントっぽくターミナルサービスが進化しているようです。

注目機能は

RemoteApp クライアントからサーバのアプリケーションを実行でき、クライアント側からはローカルのアプリを実行している感覚で操作可能。
実行する際のCPU、メモリなどはサーバ側のリソースを使用する。
作成されたファイルなどの保存先にクライアント側を指定することも可能。印刷先にクライアント側に接続されているプリンタを指定可能。
リモートデスクトップの拡張 クライアント側に接続されたリソースをあたかもサーバ側に接続されているように操作可能。
たとえばクライアント側に接続したUSBメモリをリモートデスクトップで接続したサーバで取り出せる。

 

詳しく知りたい人は下記参照。

@IT 第8回 ターミナル・サービスによるクライアントの仮想化(前編)

Windows Server 2008で大幅に進化したターミナルサービスを試す【前編】

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links