JAVAの開発環境を準備してJODConverterをコンパイル

前の記事で辿り着いたOpenOffice.orgのPDF変換機能を使って、ExcelやWordのファイルをPDFに変換してくれるオープンソースなJODConverter

リリースされているバージョン2.2.1では、Office 2007に対応してないけど、開発中のバージョンではすでに対応しているらしいので、Subversionで開発バージョンをダウンロードしてコンパイルしてみた。

環境の準備。Linux(CentOS5.2)

subversionをインストール
# yum install subversion

SourceForgeを使っているので、ここのページからソースをGet。

# svn co https://jodconverter.svn.sourceforge.net/svnroot/jodconverter jodconverter

・・・と思ったけど、最新版はGoogle Codeで開発されているみたい。ここ

# svn checkout http://jodconverter.googlecode.com/svn/trunk/ jodconverter

JAVAの開発環境(SDKのインストール)は前の記事を参考に。

JODConverterはMavenというプロジェクト管理ツールを使っているみたいなので(pom.xmlがあるから)、Mavenをインストール

OpenOffice.org-SDKのインストールも前の記事を参考に。パスの設定も忘れずに。

やっと準備完了。

pom.xmlがあるディレクトリまで移動して、コンパイル実行。

# mvn package

でも失敗。

# mvn package -Dmaven.test.skip=true

でテストをスキップできる。・・・けど、駄目っぽい。

はまった。

PHP-ExcelでPDFも作成できることが分かったので、とりあえずあきらめ。

つづく・・・。

<2009/01/24 追記>
Google Codeでコンパイル済みの実行ファイルが公開されたので、自前でコンパイルする必要がなくなった。コマンドラインで実行するときはcommons-cliとかも同じディレクトリにないと駄目なので注意。

軽量、軽快なPHPフレームワーク「petitwork」

コメント

このブログの人気の投稿

既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links